Category Archives: 未分類

給付金を受けるには


B型肝炎ウイルスに持続感染し、給付金を受けるには、支払基金へ請求することになります。B型肝炎の給付金については、国家賠償請求訴訟になりますので素人で行うことは難しく、弁護士事務所に相談して行うのが一般的です。

まず、自分が給付金の対象に該当するかどうかを調べます。弁護士事務所によっては初回無料相談で調べてもらうこともできますし、インターネット上で簡易鑑定してくれることもあります。もし、自分が給付金の対象者に該当したr、まず、医療記録等証拠の請求を行います。

裁判所そして、医療機関から各種医療記録を提出してもらうと、国を被告として国家賠償請求訴訟を提起します。裁判所に対する手続きになります。そうすると裁判所の仲介のもと、和解協議を行うことになります。国から必要に応じて原告に追加書類が求められる場合もありますが、これらの救済要件を満たしていることが認められてから、国との間で和解調書を取り交わすという流れになります

全ての要件を満たしたことを国によって認められたら、社会保険診療報酬支払基金に給付金が支給されるという流れになり、実際に給付金が支給されます。これらの専門的な手続きについては、B型肝炎が詳しい弁護士に相談することで全てサポートしてもらえます。

給付金を受ける人


B型肝炎ウイルスに感染し、給付金の支給対象になっている人には要件があります。感染者は最初に感染した一次感染者、父母から感染した二次感染者、そして母子感染した二次感染者から母子感染または父子感染した三次感染者に分かれており、それぞれ認定される要件が異なります。

給付金まず、一次感染者として認められるには、「B型肝炎ウイルスに持続感染していること」「満七歳になるまで集団予防接種などで感染したこと」「集団予防接種などの注射器の連続使用」「母子感染ではないこと」などといった要件です。

次に、二次感染者であることを証明するためには、母親が一次感染者の要件をすべて満たすこと、そして原告本人がB型肝炎ウイルスに持続感染していること、母子感染であることが医学的知見をふまえて認定されていることです。父子感染についても同様です。

三次感染者であることを証明する際も同様に、母親又は父親が二次感染者の要件を満たしていることや、原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していること、そして二次感染者から三次感染者への感染源が母子感染や父子感染であることです。いずれにせよ、医学的知見を踏まえて認定されることが必要となります。そのほか、遺族にも給付金が認められます。

B型肝炎問題とは


B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)を体内に持っているいわゆるHBVキャリアの血液や体液が粘膜に接触することで感染するウイルスです。日本人のうちこのB型肝炎ウイルスに持続感染している人は、110万人から140万人くらいいるとされています。

感染B型肝炎ウイルスに感染した人は、慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんなどになるリスクが高まります。HBVキャリアでありながらも、何の症状もない人はこのウイルスに感染していることに気づかず、血液検査やB型肝炎ウイルスはHBVキャリアの人から感染することによって起こります。感染経路としては、B型肝炎ウイルスに感染している母親から産道の血液を介して感染する垂直感染と輸血や性行為、注射針などで感染する水平感染があります。B型肝炎ウイルスに感染した人のうち、40数万人は昭和23年から63年の長きにわたって予防接種の注射器や注射筒の使いまわしが原因でこのB型肝炎ウイルスに感染したと言われています。

現在では、B型肝炎ウイルスの感染を防止するために注射針はもちろんのこと注射筒についても使い捨てが義務付けられているためこのような感染は起こりません。ですが現在、予防接種等が原因で感染被害者は国の法的責任に基づく訴えを起こし、それが認められ給付金支給制度があります。

B型肝炎の給付金について


B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染して起こる病気であり、国内でも110万人から140万人に存在するといわれるウイルスです。国内でもこれだけ多くの人がこのウイルスに感染している理由は、昭和23年から63年の間に受けた集団予防接種やツベルクリン反応検査の際に、注射器などが連続使用され、そして持続感染が広がっていたことで日本の予防接種における社会問題の一つです。

集団予防接種厚生労働省では、このようなB型肝炎の感染者ならびにその感染者から母子感染ならびに父子観戦した人、およびその相続人に対してB型肝炎の病態に応じて50万円~3600万円の給付金を支払うことになっています。給付対象となる認定については、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して国との間で和解を行わなければなりません。

給付金を受け取るためには、まず必要な書類である医療記録などを集めることから始まり、裁判所に国家賠償請求訴訟を提起する必要があります。そうすると、裁判所の仲介が入って和解が成立し、要件を満たせば国との間で和解調書を取り交わし、和解の成立となります。そうすると、社会保険診療報酬支払基金に給付金が支給されます。

これらの国家賠償請求訴訟は専門的な知識が必要ですので、弁護士事務所にお願いするのが一般的です。自分や身内が集団予防接種などでB型肝炎ウイルスに感染した人は、B型肝炎専門家がいるなど、過去の問題解決実績が豊富な弁護士事務所に相談してみるとよいでしょう。