Daily Archives: 18-04-10

給付金を受けるには


B型肝炎ウイルスに持続感染し、給付金を受けるには、支払基金へ請求することになります。B型肝炎の給付金については、国家賠償請求訴訟になりますので素人で行うことは難しく、弁護士事務所に相談して行うのが一般的です。

まず、自分が給付金の対象に該当するかどうかを調べます。弁護士事務所によっては初回無料相談で調べてもらうこともできますし、インターネット上で簡易鑑定してくれることもあります。もし、自分が給付金の対象者に該当したr、まず、医療記録等証拠の請求を行います。

裁判所そして、医療機関から各種医療記録を提出してもらうと、国を被告として国家賠償請求訴訟を提起します。裁判所に対する手続きになります。そうすると裁判所の仲介のもと、和解協議を行うことになります。国から必要に応じて原告に追加書類が求められる場合もありますが、これらの救済要件を満たしていることが認められてから、国との間で和解調書を取り交わすという流れになります

全ての要件を満たしたことを国によって認められたら、社会保険診療報酬支払基金に給付金が支給されるという流れになり、実際に給付金が支給されます。これらの専門的な手続きについては、B型肝炎が詳しい弁護士に相談することで全てサポートしてもらえます。